The Sound Track

A behind the scenes look at recording the sound track for "The Selection".

私たちは「ザ・セレクション」のサウンドトラックをレコーディングしました。レコーディングをした曲は二曲で、1つはショパンの「雨だれの前奏曲」です。この映画はこの美しくドラマチックな音楽からインスピレーションを受けてできたものです。ボードビリアン曲であるハリーキャロルの「I’m Always Chasing Rainbows」はエンディングロールに合わせるためにレコーディングしました。この曲は、ジュディガーランドが映画「ジーグフェルドガール」の中で歌っていることで知られています。

ピアニストの井寺由香は若く、才能あふれる弾き手です。歌い手であるMikaは美しい声の持ち主です。このリンクからMikaが歌っている「 愛燦々」を聞くことができます。「I’m Always Chasing Rainbows」では彼女の違った歌声を聴くことができます。

末永文化センターのホールの音響は素晴らしく、Eiichi Uenoも「広いホールにも関わらず設置した6つあるどのマイクからも何の問題もなくレコーディングすることができた」と言っています。

最後に、これらの素晴らしい写真を撮影してくれた加藤 淳史に感謝申し上げます。

(翻訳者 Mika Isayama/Julia Takase/Jin Yonao)

The sound track for "The Selection" has two songs. The main music is Chopin's "Raindrop" Prelude. The movie was inspired by this beautiful, dramatic piece of music. For the ending credits, the Vaudevillian song "I'm Always Chasing Rainbows" by Harry Carroll is used. It's better known for being sung by Judy Garland in the movie Ziegfeld Girl.

Our talented pianist Yuka Idea is young, but was very determined to bring out the motion of the music.

Our songstress Miki Uno has a beautiful voice. Here, she is wistfully singing "愛燦々/Sunshine Love". In her rendition of "I'm Always Chasing Rainbows", she has a very different tone. She comes across as a doe-eyed starlet of the sliver screen, begging for one last chance.

The hall at Suenaga Culture Centre has excellent acoustics. Eiichi Uno, the recording engineer, said he had no problem positioning the 6 microphones we needed.

(Photographer Junji Katoh)

About | Film | Photography | Scripts